2020/05/11

製作効率UP!ジュエリーの原型に使うワックス5選

こんにちは、彫金工具、加工機器の総合商社の鈴峯です!

ジュエリーの原型を作る時に使うワックス。
ブロックタイプ以外にもチューブや
球形など様々なタイプのワックスがあるのをご存知でしょうか?

作りたいジュエリーに合わせてワックスを
選んでいただけると作業効率をさらにアップさせることができますよ。

今回は特によく使われる
5種類のタイプのワックスを紹介します。

それぞれのワックスにはさらに、厚みや硬さ、サイズなど
ありますので、最も使い勝手の良いワックスを
見つけてみてくださいね。

フェリス ブロックワックス

ブロックタイプのワックス。
指輪以外の大きめで厚みのあるペンダントやブローチ、オブジェを作る方にオススメのワックスです。
硬さは3種類。用途や好みに合わせてお選びください

フェリス スライスワックス

厚みの異なるのワックス。
4mm~26mmなで厚みの異なるワックスセット。小さめのジュエリーやリングの作成に向いています。
硬さは3種類。用途や好みに合わせてお選びください

フェリス チューブワックス

チューブタイプワックス。
中が空洞になっているタイプやトップに厚みをもったタイプ、印台のあるタイプなど7種類の形状のワックスがあります。
硬さは3種類。用途や好みに合わせてお選びください

半球系 ハードワックス

球形タイプのワックス
球形のワックスの凹凸をあわせるだけで簡単にきれいな球形ワックスができます。
大きさは6.2~28mmまで様々あります。
用途や好みに合わせてお選びください

シートワックス ワックスフレーク

デザインされたワックス
ハート、ひし形、六角形などがすでにデザインされたワックスシート。
ワックスの原型に貼り付けるだけでデザインがいれられます。
デザインは7種類。用途や好みに合わせてお選びください

以上、作業効率をアップさせるワックス5選でした。
作りたいデザインに合わせて使い分けてみてくださいね。

コメントを残す

*

CAPTCHA