2019/07/17

人工ダイヤモンドを見分ける目安にオススメ【ダイヤモンドⅠ型・Ⅱ型判定器 SCREEN-1】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セットして1秒で判断

目視や従来のダイヤモンドテスターでは、
主にⅡ型の無色合成ダイヤモンドの判断ができませんでした。

そのため、何となく怪しいと思っても
鑑定機関に依頼するかどうか
踏み切れなかったといった経験があるかと思います。

そんな時にこの「ダイヤモンドⅠ型・Ⅱ型判定器 SCREEN-1」が
あれば、わずか1秒でⅠ型Ⅱ型の判別ができます。
*天然か合成かの判定はできません。

セットしてボタンを押すだけの簡単操作


使い方はとっても簡単です。
調べたいダイヤモンドを中央部にセットして
ボタンを押すだけです。
判定は色で表示されます。


青色ならⅠ型ほぼ100%天然ダイヤモンド


赤色ならⅡ型のHPHTやCVDなどの合成ダイヤモンドの可能性があります

リングのセンター石や脇石も判定可能

ダイヤモンド単体だけではなく、
リングについてダイヤなどの判定もできます。
ただし、紫外線透過率で判断するため
光が通ることが条件になります

電源が無くてもOK

SCREE-1は手で持ち運べる小型サイズです。
単4電池4個で動くので
電源が無い場所でつかったり、持ち運ぶにも便利です。

Ⅱ型であった場合は、鑑定機関での再検査をオススメします。

ダイヤモンドⅠ型・Ⅱ型判定器 SCREEN-1

コメントを残す

*

CAPTCHA