2019/08/11

硫酸いらず。ロウ付けの酸化皮膜の除去なら【ピックリングコンパウンド】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

硫酸を使う必要なし
そのまま水道に流せます

やきなましやロウ付けなどで
ジュエリーをバーナーで熱すると
黒く酸化して酸化皮膜ができます。

一般的に、
酸化皮膜を除去するためには
希硫酸を使用しますが

硫酸は入手するのが困難であったり
廃棄するにも中和するなどの手間がかかり

そして、何より扱いによっては
あなたに危険が伴います。

そんな危険で面倒な硫酸を使わずに
酸化皮膜を取り除けるのが
ピックリングコンパウンドです

粒状で管理が簡単


粒状になっているので
管理がとっても簡単です。
必要な量だけ使って残りは
保管することができます。
保管スペースも小さくて済みますよ。

経済的


この1缶で約1Lもの
溶液を作ることができます。
コストパーフォーマンスも優れています。

水道に流して良いため処理も簡単


中和するような処理は必要ありません。
使用後は、水で希釈し、
そのままシンクに流していただけます。

使用方法も簡単

①ガラス瓶または陶器の瓶に
50-60度の180ccのぬるま湯を用意します。

②そこに、大さじ4杯ほど
ピックリングコンパウンドを入れて溶かします。
*かき混ぜるときはガラス棒や割り箸を
使用してください。

③酸化皮膜をとりたいジュエリーを漬けて
しばらくすると、綺麗になります。

ピックリングコンパウンド

内容量:280g

コメントを残す

*

CAPTCHA